自己破産を考える前に~債務整理の種類を知ろう!

借金が増えて月々の返済が追いつかなくなると、どうにかして借金を帳消しにできないかと考えがちです。
借金を帳消しにする方法は、自己破産しかありません。
だからといって、安易に自己破産に飛びつくのはまだ早いです。
債務整理には自己破産の他にもいくつかの方法があります。
弁護士に依頼をすると次の順序で解決の道筋を探してもらえます。

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

1)任意整理
債務者と債権者の間での話し合いで解決を目指します。
月々の返済額の減額で、無理なく借金を完済できるようします。
裁判所を通さないので、債務者の日常生活に時間的拘束がありません。
信用情報機関(ブラックリスト)に情報が登録されますので、5~7年ほど借り入れができなくなりますが、それ以外のデメリットはありません。
渡航や就業の制限を受けることもなく、また財産を手放さずに済みますので、債務整理で最初に勧められる解決方法です。

2)民事再生
任意整理は借金の完済が目的になりますので、月々の返済額を減額しても完済が難しかったり、生活が成り立たなくなってしまう場合は、借り入れ額そのものを減額することを目指します。
減額される金額は債務状況によって変わってきますが、返済期間は決まっており、3年で借金から解放されます。
裁判所に赴かなければなりませんし、官報や信用情報機関に情報が登録されますので、7年ほど借り入れができなくなりますが、家や車といった財産を手放さずに済みます。
また、住宅ローンは減額の対象外になります。

3)自己破産
前述した二つの方法でも借金の返済が難しい場合は、自己破産の手続きを行うことになりますが、誰にでも免責許可がおりるわけではありません。
浪費・ギャンブルによる借り入れや過去に免責を受けている場合はおりない可能性が高いので、自己破産を行うにあたっては弁護士に相談するのが一番です。
財産を処分しなければなりませんが、生活に必要な最低限のものは保護されますし、資産価値が認められないものは処分の対象にはなりません。
官報や破産者名簿に名前が載りますが一定期間で、また、信用情報機関に情報が登録されますが、借り入れができなくなる期間は、前述した方法と同じく7年ほどです。
免責がおりるまでは渡航や引越しなどが制限されますが、免責がおりたあとは制限なく行えます。
ただし、資格制限のある職業には就けなくなります。