自己破産を考える前に~債務整理の種類を知ろう!2

◎過払い金返還請求
2010年の貸金業法施行以前は、利息制限法で最大20%、出資法で29.2%の利息が上限となっており、債権業者によっては出資法で貸し付けを行っていました。
これによって、債務者が本来返済すべき金額よりも多く債権者に返済していることがありました。
この多く支払ってしまった金額のことを過払い金といいます。
しかし、2010年に貸金業法が施行されたことで、貸し付け利息が引き下げられましたので、現在は違法業者を除いて、法律で定められた以上の金利で貸し付けを行っている債権業者はありません。
貸金業者の貸金業法施行を見越した適正利息への移行は2007年から始まっており、過払い金が発生する可能性が高いのはそれ以前の借り入れになります。
基本的には債務者に申し入れれば過払い金が返還されますが、返還されない場合には裁判所に過払い金の返還請求を起こすことになります。
それ以外では、信用情報機関への情報登録といったデメリットは一切ありません。

いずれの場合でも個人で行うより、司法書士や弁護士に依頼した方がスムーズに手続きが進みます。
借金に悩まされているところに弁護士料がかかることで躊躇う人もいると思いますが、支払い能力に応じて、個人でできるところは任せてくれる弁護士事務所もありますので、一度は調べてみることをお勧めします。
また、小額の借金の場合は司法書士に任せた方が安上がりです。
借入状況に応じて依頼する先を選んでください。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

One thought on “自己破産を考える前に~債務整理の種類を知ろう!2

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Comments are closed.